よろず覚え帖。

公認心理師試験についての覚書

【スポンサーリンク】

ゲミュートローゼ(情性欠如者)

biz-journal.jp

 

神戸の東須磨小学校で起こった教員間のいじめ、というより傷害事件やハラスメントの件に関する記事で、「ゲミュートローゼ」という聞き慣れない言葉が出てきました。

というのも、とくに後輩教師に性行為を強要した男性教師といじめの主犯格である40代の女性教師は、「ゲミュートローゼ」である可能性が高いからだ。「ゲミュート」とは、思いやり、同情、良心などを意味するドイツ語である。このような高等感情を持たない人を、ドイツの精神科医、クルト・シュナイダーは「ゲミュートローゼ」と名づけたわけで、「情性欠如者」と訳される。

 「情性欠如者」は冷淡かつ冷酷であり、他人に対して陰険で残忍なことを平気でする。しかも、罪悪感を覚えず、反省も後悔もしない。おまけに、「情性欠如者」の目立つ特徴として、教育によって改善することが不可能である点をシュナイダーは挙げている。

 精神科医の片田珠美先生の文章ですね。精神医学用語で言えば何かを説明したことになるという訳ではないだろうに、とは思います。

また、診察や鑑定をした訳でもない加害者に、「可能性」と述べつつも、診断的な言及をすることの是非は議論が必要かと思われます。

もちろん、今回の件に関して、加害者の責任や教師としての(社会人としての)資質については厳しく問われるべきです。

しかし一方では、こうした度重なるハラスメントを生み出してしまう学校という環境や、教育委員会のあり方にも目を向けなくてはならないでしょう。

 

「ゲミュート」というドイツ語、最近、何かで読んだぞと思い出したのですが、

アスペルガー医師とナチス 発達障害の一つの起源

 

という本に登場していたのでした。

 

医師からの診断が迫害の原因になる!? ナチス自閉症の歴史

https://honsuki.jp/pickup/20315.html

という記事に、この本のことが紹介されています。

こうした社会的一体感を目指したからこそ、ナチスイデオロギーにおいてはファシズムが重要だった。

このように、第三帝国では民族共同体へ身を捧げることが優先されたため、集団意識がナチス優生学において重要な要素となった。

その結果、迫害の条件に、人種、政治的傾向、宗教、性的傾向、犯罪性、生理に並び、社会性が加わることになった。 

アスペルガーやその先輩医師たちはこの概念を表現するため、「ゲミュート(Gemüt)」(訳注:一般的には「心情」「情緒」を意味する)という単語を使った。

この単語は18世紀には「魂」を意味していたが、ナチスの児童精神医学に採用されると、社会的に結束するための形而上学的な能力を意味するようになり、個人が集団とかかわるうえで欠かせないもの、ファシズム的感情を生み出す重要な要素となった。

「ゲミュート」が足りない子どもとは、社会と結びつくことができず、集団優先主義者の期待に沿えない子どもを意味する。

ナチス精神科医は、1944年にアスペルガーが自閉的精神病質の論文を発表するかなり前から、「ゲミュートに欠ける」などの表現を使い、自閉症らしき診断を数多く下していた。

アスペルガーも、自閉的精神病質を「ゲミュートの欠陥」と定義している。

アスペルガーの仕事を時代を追って見ていくと、第三帝国の診断体制の中で、新たな種類の欠陥が、それぞれの場合に応じて柔軟に定義されていたことがわかる。

「ゲミュートの欠陥(ゲミュートローゼ)」という概念も、こうした歴史的文脈で用いられた言葉だということは、知っておくべきでしょうね。

というか、集団いじめを先導するような人は、自閉的な傾向の反対の特質の持ち主であることが多いのではないか、その意味で、今回の一件でこの概念を使うのはちょっと違うんじゃないの、と思いますよ。

 

公認心理師試験には出ないんじゃないかと思いますが、覚書として書いておきます。

 

問22 DSM-5の心的外傷後ストレス障害PTSDについて、正しいものを1つ選べ。(第2回公認心理師試験、2019年)

PTSDについての問題。

問22 DSM-5の心的外傷後ストレス障害PTSD)について、正しいものを1つ選べ。

児童虐待との関連は認められない。

② 症状がか月以上続いている必要がある。

③ 診断の必須項目として抑うつ症状がある。

④ 眼球運動による脱感作と再処理法EMDRの治療効果はない。

⑤ 心的外傷の原因となる出来事は文化的背景によって異なることはない。

 

日本トラウマティック・ストレス学会の「PTSDとは」の記述。

米国精神医学会診断統計マニュアル第5版(DSM-5)の基準によれば、PTSD心的外傷後ストレス障害Post-Traumatic Stress Disorder)とは、実際にまたは危うく死ぬ、深刻な怪我を負う、性的暴力など、精神的衝撃を受けるトラウマ(心的外傷)体験に晒されたことで生じる、特徴的なストレス症状群のことをさします。

出来事の例としては、災害、暴力、深刻な性被害、重度事故、戦闘、虐待などが挙げられます。そのような出来事に他人が巻き込まれるのを目撃することや、家族や親しい者が巻き込まれたのを知ることもトラウマ体験となります。また災害救援者の体験もトラウマと成り得ます。

 PTSDの主症状として、

  • 侵入症状
  • 回避症状
  • 認知と気分の陰性の変化
  • 過覚醒と反応性の著しい変化

が挙げられています。

こうした症状が一ヶ月以上持続しているときにPTSDと診断されます(一ヶ月未満は、急性ストレス障害)。

 

問18 E. T. Gendlin とフェルトセンス(第2回公認心理師試験、2019年)

フォーカシングについて知っているかどうか、という問題です。

問18 E. T. Gendlin は、問題や状況についての、まだはっきりしない意味を含む、「からだ」で体験される感じに注目し、それを象徴化することが 心理療法における変化の中核的プロセスだとした。この「からだ」で体験 される感じを表す用語をつ選べ。

① コンテーナー

② ドリームボディ

③ フェルトセンス

④ フォーカシング

⑤ センサリー・アウェアネス

 

① コンテーナー

これは、精神分析家のW.ビオンの用語ですね。

詳しい人に聞いてみます。

治療者としての私たちは、コンテイナー(包み込むもの)として、アナライザンド(被分析者)の抱えきれないで心から吐き出している不安や破壊衝動、苦悩を含む考えや空想といったコンテインド(包み込まれるもの)を、私たちのこころに包み込もうとしていくのである。https://openbook4.me/projects/163/sections/1052

とのこと。

 

② ドリームボディ

ユング心理学をベースに発展した、アーノルド・ミンデルのプロセス指向心理学の用語です。

 

ドリームボディ―自己(セルフ)を明らかにする身体 というミンデルの本の紹介で、

「ドリームボディ」は、人間の存在の深層において、「夢」と「身体症状」(病い)を結びつけている高次の存在である。深層の次元に「身心」的リアリティを想定して、夢、病い、身体症状を理解していくパースペクティブは、心理臨床家に新しい視点と深い洞察力、そして多くの実践的な示唆を与えてくれる。身体症状(病い)に隠れた意味を見抜き、その意味を引き受けていくことで自己理解が深まり、新たな人生を拓くまたとない機会となっていくであろう。

と書かれていました。

 

③ フェルトセンス

フェルトセンス(felt sense)とは、はっきりとした言葉やイメージになる前の、からだで感じる曖昧な感覚を表す言葉です。

カール・ロジャーズと共同研究をしていたユージン・ジェンドリンは、カウンセリング(心理療法)がうまく展開するかどうかは、「クライエントがどのように話していたか」によって大きく影響されているということを発見しました。

うまくいくセラピーでは、クライエントは知的な理解や説明だけを話すのではなく、「なんか、こう、お腹のあたりがもやもやしていて・・・」といったように、言葉以前のからだの感じに注意が向いているというのです。

 

というわけで、この選択肢③が正解。

 

フォーカシング指向心理療法〈上〉体験過程を促す聴き方

フォーカシング指向心理療法〈下〉心理療法の統合のために

 

④ フォーカシング

フェルトセンスに注意を向けて、プロセスを展開させていくようなアプローチを、ジェンドリンは「フォーカシング」と名付けました。

特定の心理療法の技法、として語られることもありますが、たぶんすべての心理療法や日常生活での「気づき」にも関わっています。

 

⑤ センサリー・アウェアネス

エルザ・ギンドラー(1885-1961)によって始められたボディ・ワークということになるのでしょうか。

Sensory Awareness Japan

に説明があります。動画もありますが、こういうのは実際に身をもって体験してみないとわからないでしょうね。

 

センサリー・アウェアネス

 

問16 神経心理学的テストバッテリーについて、正しいものをつ選べ。固定的バッテリーと可変的バッテリー(第2回公認心理師試験)

第2回公認心理師試験の問題(これもすでに過去問)から、いくつか取り上げてみたいと思います。

 

午前の試験の問16は「神経心理学的テストバッテリー」についての問題でした。

問16 神経心理学的テストバッテリーについて、正しいものをつ選べ。

① 各心理検査は、信頼性が高ければ妥当性は問われない。

② Luria-Nebraska 神経心理学バッテリーは幼児用として開発された。

③ 固定的なバッテリーの補完としてウェクスラー式知能検査が用いられ る。

④ 多くのテストを含む固定的なバッテリーが仮説を検証するために用い られる。

⑤ 可変的なバッテリーでの時計描画テストは、潜在する気分障害を発見 するために用いられる。

 

① 各心理検査は、信頼性が高ければ妥当性は問われない。

「信頼性」とは、同じ検査を何度か実施したとき、同じような安定した結果が出るということです。その尺度がどれくらい信頼できるかという意味合いですね。

体重計に乗ったとき、朝測ったら60キロだったが、お昼に測定したら80キロだった、という場合には「信頼性」がないと判断されます。

もしこんなことがあれば、私たちは「うわ、体重が3時間で20キロも増えた」と考えるのではなく、「この体重計、壊れてるんじゃない」と見なしますよね。

 

「妥当性」とは「測定しようとしているものが正しく測れているかどうか」を表します。体重計に乗って「170センチ」と結果が出たら、これは身長を測っているのであって、体重計としては妥当性に欠けることになります。

ですので、「妥当性」がないということは、そもそも心理検査としての目的を達成していないわけです。

 

選択肢①は誤りとなります。

 

② Luria-Nebraska 神経心理学バッテリーは幼児用として開発された。

ルリア・ネブラスカ神経心理学バッテリー(LNNB)は、基本尺度として、「運動」「リズム」「触覚」「視覚」「受容言語」「表出言語」「書字」「読み」「計算」「記憶」「知的能力」の11の尺度と149の検査項目から構成されているテストバッテリーです。

成人版と小児版がありますが、幼児用ではありません。3時間くらいかかる検査だそうで、幼児には向いていないのでしょうね。

 

選択肢②も誤りです。

 

③ 固定的なバッテリーの補完としてウェクスラー式知能検査が用いられる。

「固定的なバッテリー」「可変的なバッテリー」という言葉がよくわからなかったのですが、検索してみると

「固定的なバッテリー(fixed battery)」とは,一つの検査をフルで固定して行うことであり,

「可変的なバッテリー(flexible battery)」とは,

必要に応じて検査の下位尺度を取り出して組み合わせた テストバッテリーのことを言います。

固定的なバッテリーは,それひとつで測定したいものを ひととおり測定できているわけですから, それを補完する必要はありません。

http://blog.livedoor.jp/kosakayasumasa/archives/55685868.html

とありました。和光大学の高坂先生のブログです。

 

fixed batteryで検索すると、次のページが引っかかりました。

 

Neuropsychological Assessment: Flexible or Fixed?

https://clmmag.theclm.org/home/article/neuropsychological-assessment-flexible-or-fixed

ざっと読むと、フレキシブルなバッテリー、固定的なバッテリーそれぞれのメリット、デメリットが書かれているようです。

神経心理学検査は、「注意」「記憶」「言語」「空間機能」「実行機能」などを測定しますが、固定的で包括的なバッテリーは時間がかかりすぎるのがデメリットだと。

Halstead-Reitan Neuropsychological Test Batteryが用いられることが多いとのことですが(アメリカのサイトのよう)実施になんと12時間もかかるのだそうです。

 

日本では、「固定的なバッテリー」としてウェクスラー知能検査が用いられることが多いと思われます。

 

選択肢③も誤りとなります。

 

④ 多くのテストを含む固定的なバッテリーが仮説を検証するために用いられる。

上記の理由から、選択肢④が正解となります。

 

⑤ 可変的なバッテリーでの時計描画テストは、潜在する気分障害を発見するために用いられる。

時計描画テスト(Clock Drawing Test)は、気分障害ではなく、認知症のスクリーニング検査などとして前頭葉機能をアセスメントするために用いられます。

時計描画によるアセスメントの動画がありました。

 

リハビリ医療における認知機能スクリーニングについて ― 時計描画検査(CDT)を中心に―

 

emou(エモウ)| 発達障害者向けのVR支援プログラム開発

発達障害者向けのソーシャルスキルレーニング(SST)のVR支援プログラムが開発されたとの記事です。

発達障害者向けのVR支援プログラム開発|ASCII.jp

 

「emou(エモウ)」と名付けられたVRプログラムで、「利用者は社会生活における様々な場面を、実際の空間で体験しているかのように何度でもトレーニングができる」とのことです。

 

公式サイトでは次のように紹介されていました。

「emou」は、学校生活や職場などの日常生活の中で欠かせないソーシャルスキルを、VRのリアルな仮想空間内で何度でも体験トレーニングを行うことができる発達障害支援プログラムです。利用者は、これまでのワークシートやロールプレイでは再現が難しかった社会生活における様々な場面を、まるで実際の空間で体験しているかのようにして、何度でもトレーニングすることができます。

https://jollygood.co.jp/news/967

 

 

 

プレスリリースはこちら。

prtimes.jp

 

SSTソーシャルスキルレーニング)とは、対人関係や集団行動のための社会的なスキルを学ぶためのトレーニングですが、これまでのSSTではロールプレイなどが中心で、支援スタッフのスキルもばらつきがあり、効果が限定的だったとのこと。

 

今回開発されたVRプログラムでは、学校や社会での生活をVRでリアルに体験して、他者への適切な言語的・非言語的応答をトレーニングすることができるように工夫されています。

 

VRを使ったトレーニングや心理教育としては、統合失調症の幻覚などを体験できる「バーチャルハルシネーション」がありました。

 

発達障害の方のSSTとしてVRを使うことが、どれくらい有効なのか、これからの研究も必要になってくると思われます。

月額5万円からという料金は、ちと高いような気もしますが、普及してくるともっと安価に利用できるようになるのでしょうか。

 

仮想現実(VR)を用いた発達障害者の支援についての研究も検索してみました。

 

Using virtual reality to train emotional and social skills in children with autism spectrum disorder

自閉症スペクトラムの子供に、VRを使って情緒と社会スキルのトレーニングを行ったという研究のようです。

VR seems to be a promising asset to traditional training and therapy while the importance trainers’ or therapists’ support has yet to be further investigated.

VRの効果を認めつつも、トレイナーやセラピストの重要性についてはさらなる調査が求められるとのことでした。

 

そういえば一般の人が、自閉症の人の体験している世界を追体験できる映像も見たことがあります。

 

Carly's Café - Experience Autism Through Carly's Eyes

 

新年度ももう目の前で、となると8月の第2回公認心理師試験もすぐにやってきそうですね。受験される方、焦らずボチボチ試験勉強してくださいね。

 

第2回公認心理師試験(2019年)「出題基準」(ブループリント)出ました。

2019年8月4日に実施予定の、第2回公認心理師試験の「出題基準」が、心理研修センターのホームページに掲載されていました。

 

第2回公認心理師試験「出題基準」(ブループリント(公認心理師試験設計表)を含む。)。

 

第1回公認心理師試験のブループリントと比較してみようと思うのですが、文字数が多くて面倒ですね。

 

ということで、

difff《デュフフ》


というウェブサービスを使って、二つのテキストを比べてみました。

違いが、青色でマーキングされます。

 

「到達目標(目安) 出題割合」

については、変更はないようです。

 

ザーッとみたところ、

  • リサーチ・クエスチョン
  • 対人ストレス
  • 集団内過程、集団間過程
  • ソーシャル・ネットワーク
  • ソーシャル・サポート
  • 集合現象
  • 地域包括ケアシステム
  • コミュニティ・アプロ―チ
  • エンパワメント
  • ナラティブ・アプローチ
  • ストレングス
  • プログラム学習
  • 発見学習
  • 学習障害<LD>
  • 司法面接
  • 施設内処遇と社会内処遇
  • 障害者の就労支援
  • アドヒアランス
  • 障害福祉計画
  • 更生保護施設
  • 地域生活定着支援センター
  • 自立援助ホーム
  • 自立更生促進センター
  • 職場のメンタルヘルス

といったキーワードが追加されているようでした。

 

損保ジャパン、公認心理師向け保険、相談トラブル対応

産経新聞のサイトに、公認心理師対象の保険に関する記事が掲載されていました。

www.sankei.com

 

心理専門職として国家資格となった公認心理師を対象とした保険が、4月から提供されるとのことです。

心理カウンセリングでは、患者の症状が改善しないなどの言いがかりを受け、カウンセラー側と患者側との間で裁判になる事例も散見される。そうしたトラブルに保険で対応するとともに、新たな保険市場を開拓する狙いもある。

とのことです。

日本遠隔カウンセリング協会(JTA)と共同の賠償保険制度(1回の事故に支払われる保険金は500万円までで、弁護士費用なども含まれる)で、利用するには同協会の会員(準会員)になる必要があるようです。

 

もちろんできることなら、このような保険を利用する事態にならないことを願いますが、こうしたことも考えておかなければならないのでしょうね。