よろず覚え帖。

公認心理師試験についての覚書

【スポンサーリンク】

公認心理師と診療報酬(保険点数)についての覚書

第1回公認心理師国家試験も終わり、延期されていた北海道の追加試験の日程も発表されました。

平成31年春には、最初の公認心理師が誕生することになります。

もともとこの資格は医療領域の臨床心理技術者のための国家資格という側面を持っていたので、今後、公認心理師の役割が診療報酬などに規定されていくと思われます。

 

  • みなし公認心理師
  • 臨床心理技術者に関連する主な診療報酬上の評価
    • 精神科リエゾンチーム加算 (週1回) 300点
    • 摂食障害入院医療管理加算 ~30日 200点 31日~ 100点
    • 児童・思春期精神科入院医療管理料2,957点
    • 通院・在宅精神療法 児童・思春 期精神科専門管理加算 16歳未満 500点 20歳未満 1,200点

 

続きを読む

北海道の第1回公認心理師追加試験

先日の北海道の地震で、第1回行員心理師試験が延期となっていましたが、今朝、追加試験について発表されたようです。

 

試験地は、北海道および東京で、日程は、

  • 平成30年12月16日(日曜日)

に実施されるとのことです。

 

受験資格についても、一般財団法人 日本心理研修センターのサイトに記載されています。

第1回公認心理師試験の受験票の交付を受けたにもかかわらず,同試験を受験できなかった者であって,次のいずれかに該当するもの

  •  平成30年9月9日(日曜日)に北海道で受験する予定であった者
  • 平成30年9月9日(日曜日)において北海道内に居住又は勤務等しており,北海道以外の試験地で受験する予定であったが,平成30年北海道胆振東部地震の発生に伴い受験できなかった者
  •  その他,第1回公認心理師試験を受験できなかったことにつき,平成30年北海道胆振東部地震が発生したこと等に起因する正当な理由を有すると認められる者

とのことです。

 

【重要】平成30年北海道胆振東部地震が発生したことに伴う第1回公認心理師試験(追加試験)について

shinri-kenshu.jp

 

官報にも詳細が書かれていますね。

https://kanpou.npb.go.jp/20180928/20180928h07357/20180928h073570010f.html

 

告知が遅れたことについては、いろいろと批判や意見もありますが、第1回の国家試験が災害にあって、対応も大変だったのだろうなとは察せられます。

 

北海道の受験者の検討をお祈りいたします。

 

問131 若年性認知症で最も多いのは? アルツハイマーか脳血管性認知症か|第一回公認心理師国家試験2018ふりかえり

速報などを参考にしながら、2018年9月9日に実施された第1回公認心理師国家試験のふりかえりをしています。

 

問131は、「認知症について、正しいものを2つ選べ」という連勝複式の設問です。

続きを読む

公認心理師の求人・仕事の探し方は?

ãã©ãããã¶ã¤ã³ã®ã¢ã¤ã³ã³ ãã¯ã¿ã¤ã®ã¢ã¤ã³ã³ç´ æ

2018年9月9日に開催された第一回公認心理師国家試験によって、何万人もの数の公認心理師が誕生することになります。

そうなると気になってくるのが、「求人はあるの?」「どうやって仕事を探せばいいの?」「これを機会に転職したい」「これまで非常勤だったが、常勤の仕事に就きたい」といったことでしょう(今回受験した多くの「現認者」でも、これからの仕事事情が気になる人は多いと思います)。

 

公認心理師臨床心理士・カウンセラーなどが、どのように仕事を探せばいいのか、どのサイトを見ればいいのかということを書きました。

 

 

続きを読む

問11 大脳皮質の機能局在と、答えがさっぱりわからないときに解答を選ぶ裏技|第1回公認心理師国家試験の過去問ふりかえり

問11は「大脳皮質の機能局在」について問う設問です。

 

Googleのイメージ検索で「大脳皮質 機能局在 」と検索すれば、たくさんの画像がヒットします。

 

これを覚えるしかないわけですが、なかなか頭に入ってこないのは、脳の問題でしょうか。

 

というわけで、この問11は、「重なっているキーワードの数を比べてみる」方法で解いてみることにします。

①から⑤の選択肢に「複数登場する言葉」をチェックしてみます。

②③⑤に「一次」というワードがあります。

①と⑤では「頭頂葉」が重なります。

②と④は「側頭葉」が重なっています。

③と⑤では「中心」という言葉が重なります。

 

それぞれ重なっているワードの数を比べてみましょう。

 

選択肢① 一つだけ

選択肢② 二つ

選択肢③ 二つ

選択肢④ 二つ

選択肢⑤ 三つ!

 

ということで、選択肢⑤でどうでしょうか。

 

いくつかの「速報」を見ても⑤が正解とあるので、この方式で当たったようです。

 

さっぱり思い出せない、わからないときの「問題を読まずに解答が選べる」裏技でした。

当てずっぽうで解答するよりは、少しだけ正解率が増すのではないかと思います。

 

問8 パーソナリティや自我状態に関する心理検査|第一回公認心理師国家試験の過去問ふりかえり

問8は、「パーソナリティや自我状態に関する心理検査について」です。これは、病院などで心理テストを業務として行なっている人にとっては、サービス問題といってもいいかもしれません。

続きを読む