よろず覚え帖。

公認心理師試験についての覚書

【スポンサーリンク】

過去問

中途障害者の障害受容

問21は、 中途障害者の障害受容について、正しいものをつ選べ。 という問題でした。

対象喪失に伴う悲嘆反応に対する心理的支援

問 20は、次のような問題でした。 対象喪失に伴う悲嘆反応に対する心理的支援について、正しいものを1つ選べ。 ① 悲嘆を悪化させないためには、喪失した対象を断念することを勧める。 ② 理不尽な喪失体験に遭遇したときは、現実検討ではなく気分の転換を優…

ひきこもりと地域障害者職業センター:第1回公認心理師試験(2018年)過去問ふりかえり

第1回公認心理師試験(2018年)の過去問のふりかえりです。 問19は、 ひきこもりの支援について、正しいものをつ選べ。 という問題です。

ケースフォーミュレーションは共同作業ー2018年第一回公認心理師試験(問18)

第一回公認心理師試験(2018年)の過去問ふりかえりです。 問18は「ケースフォーミュレーション」についてでした。 ケース・フォーミュレーションについて、正しいものをつ選べ。 という設問です。 ケースフォーミュレーション(case formulation)は…

P-Fスタディ(絵画欲求不満テスト)の実施と解釈

もう明日が、北海道の追試試験の合格発表ですね。 公認心理師の過去問をぼちぼちふりかえっています。先は長い。 問17は、「P-Fスタディの実施と解釈について、正しいものをつ選べ」という設問です。 この心理テストについては、千葉テストセンターのサイ…

エリクソンのライフサイクル論と「忠誠(fidelity)」

問15は、 E. H. Eriksonのライフサイクル論について、最も適切なものをつ選べ。 という設問です。 エリクソンのライフサイクル論についての動画がありました。 Erik Erikson's Theory of Psychosocial Development in Infancy and Early Childhood また、次…

集団思考と同調圧(問14)

公認心理師の過去問(第1回試験)をぼちぼちふりかえっているところです。問14は、 集団思考<groupthink>に関する説明として、正しいものをつ選べ。 という問題でした。 集団思考<groupthink>とは、集団で何かを話し合って決めるとき、浅薄で危険な意思決定が行われる傾向を表す言</groupthink></groupthink>…

ハロー効果、透明性錯誤、疑似相関、行為者−観察者バイアス、確証バイアスなどの社会的認知のバイアス(問13)

問13は、「社会的認知のバイアス」について、「正しいものを1つ選べ」という問題です。

問12「児童虐待について、正しいものをつ選べ」

第一回公認心理師試験(2018年)の過去問をぼちぼち振り返っています。まだ問12です。先は長い。。 問12は、 児童虐待について、正しいものをつ選べ という問題でした。 ① 主な虐待者は実父が多く、次に実父以外の父親が多い。 ② 身体的虐待、心理的…

RNRモデルと犯罪者処遇ー公認心理師試験

公認心理師資格試験、北海道の追試も終わりました。 受験されたみなさま、お疲れさまでした。 「RNRモデル」についての問題が出たらしい、と聞きましたが、よく知らない言葉だったのでちょっと調べてみます。 RNRモデルとは、Risk Need Responsivity modelの…

一次体性感覚野は頭頂葉の中心後回にある(2018年公認心理師試験問11)

2018年に実施された第一回公認心理師国家試験の問題(すでに過去問)を、復習を兼ねて少しずつふりかえっています。 「大脳皮質の機能局在について、正しいものをつ選べ」 という問題です。

キャッテルとパーソナリティの根源特性と表面特性(16因子)ー公認心理師試験ふりかえり(問9)

問9は、 パーソナリティの特性に根源特性と表面特性とを仮定し、根源特性として16因子を見出した心理学者は誰か。 との設問でした。 選択肢は、次の5つ。 // ① C. R. Cloninger クロニンジャーは、4つの「気質」と3つの「性格」の7因子モデルを提唱し…

オペラント水準とは自発的に生じた行動の頻度ー公認心理師試験ふりかえり(問8)

ー第1回公認心理師試験(2018年)の過去問ふりかえりです。自分の勉強がてら。 問8は、 条件づけについて、正しいものを1つ選べ という問題でした。 ①貨幣やポイントを強化子とした条件づけを二次条件づけと呼ぶ。 二次条件づけ(Second Order Condit…

系列位置効果・系列位置曲線はU字型になるー公認心理師試験ふりかえり(問6)

第1回公認心理師試験(2018年)の 問6は、 記憶の実験によって示される系列位置効果について、正しいものを1つ選べ。 という問題でした。 系列位置効果とは、提示された単語などを記憶するとき、どんな順番で提示されたかによって記憶の保持に違いがみ…

オペラント行動研究の基礎を築いたのはスキナー(Skinner)さんー公認心理師試験ふりかえり

問5は オペラント行動の研究の基礎を築いたのは誰か。正しいものを1つ選べ。 という、シンプルな問題でした。②のB. F. Skinnerが正解です。 ① A. Adler は、「アドラー心理学」の創始者ですね。 ② B. F. Skinner B. F. Skinner - Behavior Control, Freedo…

公認心理師と「医師の指示」(試験問題ふりかえり:問3)。ついでに「運用基準」について

問3は「医師の指示」についての問題です。 14 歳の女子 A、中学生。摂食障害があり、精神科に通院中である。 最近、急激にやせが進み、中学校を休みがちになった。A の母親と担 任教師から相談を受けた公認心理師であるスクールカウンセラーが、A の学校生…

公認心理師試験ふりかえり:問2「児童虐待における緊急一時保護」

公認心理師の合格発表も終わって、書類の手続きを済ませた人も多いかと思います。 模範解答も発表されているので、試験問題(過去問)を少しふりかえってみます。 問2は、 「児童虐待について、緊急一時保護を最も検討すべき事例をつ選べ」 という設問でし…

問131 若年性認知症で最も多いのは? アルツハイマーか脳血管性認知症か|第一回公認心理師国家試験2018ふりかえり

速報などを参考にしながら、2018年9月9日に実施された第1回公認心理師国家試験のふりかえりをしています。 問131は、「認知症について、正しいものを2つ選べ」という連勝複式の設問です。

問11 大脳皮質の機能局在と、答えがさっぱりわからないときに解答を選ぶ裏技|第1回公認心理師国家試験の過去問ふりかえり

問11は「大脳皮質の機能局在」について問う設問です。 Googleのイメージ検索で「大脳皮質 機能局在 」と検索すれば、たくさんの画像がヒットします。 これを覚えるしかないわけですが、なかなか頭に入ってこないのは、脳の問題でしょうか。 というわけで、…

問8 パーソナリティや自我状態に関する心理検査|第一回公認心理師国家試験の過去問ふりかえり

問8は、「パーソナリティや自我状態に関する心理検査について」です。これは、病院などで心理テストを業務として行なっている人にとっては、サービス問題といってもいいかもしれません。

問87 脳幹網様体と意識|第一回公認心理師試験(2018)の過去問ふりかえり

第一回公認心理師試験の問題をふりかえっているところです。 問81は、知っている人は迷うことなく正解できた問題でしょうね。 でもかなりマニアックだと思いますが。。 「中枢神経系農地、意識水準の維持に必須の領域」を問う問題です。 ⑤の「脳幹網様体」…

問81 ディセプションとデブリーフィング|第一回公認心理師国家試験(2018)の過去問ふりかえり

もうすでに「過去問」と言っていいのでしょうか。 2018年9月9日に行われた第一回公認心理師試験の問題から、迷ったもの、間違ったもの、気になったものなどをふりかえっています。 問81は、「研究の目的を偽って実験を行い、実験の終了後に本来の目…

問16 バウムテストと空間象徴理論と先端処理について|第1回公認心理師試験ふりかえり

第1回公認心理師の試験問題のふりかえりをぼちぼちしています。 問16は、「バウムテスト」についての問題でした。 いくつかの解答速報では ④の「グリュンワルドの空間象徴理論に基づいて解釈を行うことを基本とする」が正解にされていましたが、別の速報…

問38 いじめ防止対策推進法|第一回公認心理師試験ふりかえり

第一回公認心理師試験(2018)のふりかえりです。 問38は「いじめ防止対策推進法」に関する問題でした。

問4:森田療法と精神交互作用|公認心理師試験問題のふりかえり

なぜかこの度の第一回公認心理師国家試験(2018)は、「森田療法」問題がいくつか出ていましたね。 というわけで、森田療法についてもふりかえっておきます。

問65:筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状と心理的支援|公認心理師試験

先日(2018年9月9日)実施された第一回公認心理師国家試験の問題で、わかりにくかったところとか間違えたところを中心に、自分の勉強としてふりかえりをしてみます。