よろず覚え帖。

公認心理師試験についての覚書

【スポンサーリンク】

第2回公認心理師試験(2019年)「出題基準」(ブループリント)出ました。

2019年8月4日に実施予定の、第2回公認心理師試験の「出題基準」が、心理研修センターのホームページに掲載されていました。

 

第2回公認心理師試験「出題基準」(ブループリント(公認心理師試験設計表)を含む。)。

 

第1回公認心理師試験のブループリントと比較してみようと思うのですが、文字数が多くて面倒ですね。

 

ということで、

difff《デュフフ》


というウェブサービスを使って、二つのテキストを比べてみました。

違いが、青色でマーキングされます。

 

「到達目標(目安) 出題割合」

については、変更はないようです。

 

ザーッとみたところ、

  • リサーチ・クエスチョン
  • 対人ストレス
  • 集団内過程、集団間過程
  • ソーシャル・ネットワーク
  • ソーシャル・サポート
  • 集合現象
  • 地域包括ケアシステム
  • コミュニティ・アプロ―チ
  • エンパワメント
  • ナラティブ・アプローチ
  • ストレングス
  • プログラム学習
  • 発見学習
  • 学習障害<LD>
  • 司法面接
  • 施設内処遇と社会内処遇
  • 障害者の就労支援
  • アドヒアランス
  • 障害福祉計画
  • 更生保護施設
  • 地域生活定着支援センター
  • 自立援助ホーム
  • 自立更生促進センター
  • 職場のメンタルヘルス

といったキーワードが追加されているようでした。