よろず覚え帖。

公認心理師試験についての覚書

【スポンサーリンク】

オペラント行動研究の基礎を築いたのはスキナー(Skinner)さんー公認心理師試験ふりかえり

問5は

オペラント行動の研究の基礎を築いたのは誰か。正しいものを1つ選べ。

という、シンプルな問題でした。②のB. F. Skinnerが正解です。

 

① A. Adler

は、「アドラー心理学」の創始者ですね。

 

② B. F. Skinner

 


B. F. Skinner - Behavior Control, Freedom, and Morality (1972)

 

③ E. C. Tolman

エドワード・トールマンは、刺激(S)と反応(R)のあいだに生体の判断や要求、習慣など(O)をはさんだ「S‐O‐Rの図式」などが教科書に乗っています。

「目的論的行動主義」を唱えた人。

 

④ I. P. Pavlov

パブロフは、古典的(レスポンデント)条件づけを発見したロシアの生理学者ですね。


Classical Conditioning - Ivan Pavlov

この動画で解説しているのは、スタンフォード監獄実験で有名なジンバルドーですね。

 

⑤ J. B. Watson

ジョン・ワトソン(1878-1958)は、行動主義心理学を創始したアメリカの心理学者です。

「心理学は、意識や無意識ではなく、客観的な行動を対象とすべきだ」と主張しました。アルバート坊やの恐怖条件づけの実験などが有名です。


J.B. Watson and the Little Albert phobia experiments